シングルユース内視鏡(Ambu社)を試しに使用してみた

目次

シングルユース内視鏡

内視鏡は洗浄機を用いて何度でも利用することができますが、Ambu社の内視鏡はシングルユースになっています。
特徴
1.モニターと内視鏡が軽いので訪問診療、往診の際にも検査を行うことができる
2.シングルユースのため画質が悪いかと思いきや結構見やすく視野を確保できていた
3.画面が充電式のため、コードが少なくすむ
4.鼻咽頭鏡だけではなく、気管支鏡や膀胱鏡もある
これを在宅でも使いこなせると、診療の幅が広がるのは間違いないですね。
詳細はAmbu社のホームページ(https://www.ambu.co.jp/)を参照してください。

院内勉強会にて、鵜飼先生(リハビリ専門医)に嚥下が問題ないか、院長の嚥下機能評価を行ってもらいました。

通常外来や入院で行われることが多い嚥下機能評価ですが、片手で持てるモニターとシングルユース内視鏡を用いることで、自宅でも簡便に検査を行うことができるのは、かなりメリットが大きいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次